和洋折衷横飾り

和洋折衷の雰囲気の横飾りを気に入って下さって、ここ数年、お届けさせてもらっているしめ飾り。
お任せいただいたので、今年は、こんな雰囲気に。

大きめの実・リューガデンドロンのプルモーサスや、ブルーのエリンジュームを入れつつ、縁起の良い南天や松も、もちろん、入れて。
Read More…

存在感のあるしめ縄で

週末の朝市にお立ち寄りくださって、販売していたしめ飾りを見ながら、イメージをお伺いし、後日、束ねたしめ飾り。
オーダーメイドでいただくしめ飾りは、ご希望の雰囲気をうかがって、縄の太さや輪っかの大きさ、横飾りた縦飾りか、などを決めています。

ご希望は、
「横飾り、縄太め、しだれ柳くるくると合わせて」。
Read More…

レッスン風景 ~藁を綯うところから始めるしめ飾りづくり

昨日は、ご希望いただいて開催した、今年最後のしめ飾りづくりレッスンでした。
風もなく、年末とは思えないほど暖かな日。

しめ縄づくりがはじめましての方と、以前、ワークショップなどにご参加くださった方と、入り混じっての時間でした。
Read More…

2種類の赤

2種類の赤い実と、金色の水引きを合わせて、華やかに束ねたしめ飾り。
南天の実と、梅もどき。
Read More…

新年に向けて花を飾る

お正月に向けて飾れる、12月末の切り花としてご準備させていただきました。
ダリアのように大輪の菊に、雪のように白いスプレー菊、松、梅もどきの赤い実、青文字の枝や、オンシジュームのひらひらとした軽やかな香りの良い花。
Read More…

華やかに

「華やかにをテーマでお任せ」とオーダーいただいたしめ飾り。
ここ数年、「今年はこんな雰囲気!」というイメージをお伺いして、ご準備させていただいています。

ゴールドっぽい色合いのドライアンドラ、黄色のクラスペディア、大ぶりの赤い南天の実、ちょっとオレンジ色がかった万年青の実。。。
色のある、縁起の良い植物などを合わせながら、束ねています。
Read More…

存在感たっぷり

クリスマスリースとしめ飾り。
もう何年も、その2つを束ねさせていただいていて、おまかせでオーダーいただいたしめ飾り。
1年前、2年前、3年前。。。
どんな感じで束ねたかを思い出しながら、今年の雰囲気を考えます。

今年は、勢いのある松の枝を1本、伸びやかに束ね、
その松の魅力を活かせるように、他の植物を添えていきました。
和の直径が25cmぐらいある、大きいしめ飾り。
Read More…

ワークショップ風景 ~藁を綯って作るしめ飾りづくり

昨日は、高砂のショップ&カフェterho(テルホ)さんで、しめ飾りづくりワークショップでした。
今回は、はじめて縄を綯う方がほとんどの会でしたが、みなさん、縄を綯う向きをお互いに確認し合いながら、笑顔で縄綯いされていました。
Read More…

寒色系リース

玄関の中に飾るリースとして、オーダーいただきました。
「紫の何かがあれば入れて頂いて、なければ青っぽい寒色系で。赤はなし。」
というご希望でした。

以前、写真をアップしたアメジストセージに惹かれてくださったのですが、このタイミングで合わせることが難しく、青紫のビバーナムティナス、青のエリンジューム、たくさんの種類のグリーンと共に、束ねさせていただきました。
Read More…

春に向かうスワッグづくりセット

「冬っぽい中にちょっと春っぽい?感じのものがあると嬉しいです」
とオーダーいただいたスワッグづくりセット。

早春、のイメージがある柳や、梅の蕾のついた枝、春の軽やかな草花のイメージのタラスピ、などを合わせてお届けさせていただきました。
シルバーキャットの白いふわふわは、雪のようでもあり、春の小花というイメージでもあり。

冬から春に向かう、そんなイメージで。
Read More…

ARCHIVE