お庭から摘んできたような

お疲れさま!と渡す、サプライズの花束を、とご注文頂いて、お作りさせていただきました。
「お庭から摘んできたようなナチュラルな、おおげさでない花束」というご希望を頂いて、ざっくり束ねた雰囲気で。
Read More…

ハイカラさん

お世話になったお礼の花束として、ご注文いただきました。
贈る方のイメージは、「紫とかハイカラ」、とお伺いし、私自身もお世話になり、存じ上げている方(ママンカ市場でお世話になっていたお寺の方)だったので、ハイカラだけど、可愛らしい雰囲気も持っていらっしゃる、その方に似合うように、と束ねさせていただきました。
紫と、青と、赤と、黄色。
色は落ち着いた大人の色ですが、花の種類が可愛らしい。
Read More…

ユーカリとスターチスのセパレートリース

シルバーグリーンのユーカリ、黄色のスターチスを固めてお作りしたリース。
ミモザでお作りするには少し時期が遅く、ミモザは来年のお楽しみに、と、今年はこちらのリースをお届けさせていただきました。
Read More…

男性に贈る花

卒業式に、担任の先生に渡す花束として、お作りさせていただきました。
「大柄な先生なので、小さく可愛らしく、と言うよりは映える感じ。色目は赤やピンクの同系ではなく、男性でもおかしくない感じ。」
というご希望で、紫やブルー、グリーンなどの色合いを、ころんと丸い形にではなく、すーっと縦に長く、ちょっとかっこいい雰囲気になるように束ねさせています。
Read More…

鳥かごから飛び出す彼ら

楽屋花としてご注文いただいた、鳥かごのアレンジ。
「鳥籠(動画サイト)から飛び出て私達を魅了する彼等、鳥籠(4年前の横浜アリーナ)からスキルアップしさらに魅力的になった彼等をイメージした楽屋花にしたい」、とのご希望を頂きました。
メンバーカラー(赤、青、黄色、緑)4色のみ使用し、鳥かごから花が飛び出してくるような雰囲気で、元気よく、自由奔放、勢いのある感じでお作りさせていただきました。
Read More…

開いて閉じて ~店舗への花活け

駒場東大前のうつわPARTYさんで開催中の、「中尾雅昭うつわ展」は、残すところ2日となりました。

開いて、閉じて、また開いて。。。
春の生命力たっぷりのチューリップ達のお手入れをして、はちみつ色の黄色多めのバランスから、白が多めの雰囲気に変わりました。
Read More…

お母さんへ贈る花

卒園式の日に、お子様からお母様へ渡す花として、ご注文いただいた、バラの1輪花。
お母様たちは、きっときっと、とっても喜びますね!
Read More…

春のミックスカラーリース

お母様のお誕生日のお祝いに、とご注文いただいたリース。
「ミモザがまだ使えるようでしたらミモザのリース、使えないようでしたら多色使いで春らしく。」というご希望でした。
3月後半。。。花市場のミモザは、かなり出回る量が減り、状態の良いものに出会えるかはタイミング次第。。。
この日は、ミモザづくしにする程の良いミモザに出会えなかったので、春のミックスカラーリースをお作りさせていただきました。

スターチスの黄色に、白のペッパーベリーやかすみ草、青のアスチルベ、少し混ぜれたミモザと、ポイントに入ったクリスマスローズ。
Read More…

ママンカ市場、ありがとうございました

100回目を迎えたママンカは、昨日、最後の日を迎えました。
8年間続いたママンカ。
私がママンカと出会ったのは、一番上の子がまだ小さかった時に、下北沢でやっている子連れで行けるイベントとして行った時でした。
それから数年。
偶然にも、友達の紹介で、こちらで出店させていただくことになってから2年ちょっと。
ふらりと立ち寄ってくださったことで縁ができ、ワークショップにご参加くださったり、オーダーいただくようになった方たち。
親戚のようにあたたかく、子連れ出店の我が子と遊んで見守って下さった出店者の方々。
あの場所に出店していたからこそ、ふらりと突然立ち寄ってくれて、懐かしい再会ができたお友達。。。
すべてのことに感謝。
子供にとっても、私にとっても、大切な場でした。

写真は、昨日、ママンカ市場にお持ちしたプチブーケ。
気に入ってくださる方が多くて嬉しかった!
Read More…

ワークショップ風景 ~季節を束ねる・春の花束づくり~お庭の草木を使って

昨日は、青空が眩しい暖かな日でしたが、IID世田谷ものづくり学校で、「季節を束ねる・春の花束づくり」ワークショップを開催しました。
親子レッスン、ではなかったのですが、ご参加くださったのは、皆さん、親子。
(残念ながら、お1組、体調不良でお越しになれませんでしたが、その方も親子でした)
Read More…

2 / 11312345...102030...最後 »

ARCHIVE