重ねる魅力

「法人化のお祝いに贈りたい」と、ご注文いただいたリース。
重ね煮のお料理教室を開催されている方への贈りもの。

実は、注文をくれた友達と私は、もう8年ぐらい前になりますが、一緒にその教室に通った仲で、その後も友達は学び続け、今は、彼女もお料理教室を開いています。
自身がイメージする重ね煮は、いくつもの野菜を重ねて作ることによって、味が丸くなったり深まったり、そんな、重ねるからこそ生まれる魅力のある味。
先生をされている方は、ふわっと柔らかなイメージを持ちつつも、芯がしっかりあって、凛とした雰囲気。

リース自体も、少しずついろいろな植物たちを入れて、でも、いろいろ入れてごちゃごちゃするのではなく、入れたからこその魅力とすっきり感を出したいなあ、と思いながらお作りさせていただきました。
それはまるで、お鍋の中で重なり合う野菜たちのように。
教室で、たくさんの生徒さんに囲まれる先生のように。
他種類入っているけれど、まとまって、調和している雰囲気。
Read More…

ミモザの壁飾り

お嫁入り先が決まった、ミモザの壁飾り。

春が待ち遠しくなるような、黄色のぽんぽんとした可愛い花が魅力のミモザ。
そんなミモザに、シルバーグリーンを合わせて作った壁飾り。
緩くカーブを描き、先端がすーっと細くなる形

合わせた葉っぱは、白っぽい葉のパールアカシア、シルバーグリーンのユーカリポポラス。
ポイントに、ちらりと黒っぽいヘデラベリーの実をのぞかせています。
Read More…

1年越しのお届け

1年越しでお届けした、念願のリース。
ミモザとユーカリのセパレートリース。

昨年、お問い合わせを頂いた時期は、ミモザの花が終わってしまった後で、使うのが難しく、黄色のスターチスを代わりに使ってお作りさせていただきました。
今年は、ご希望されていたミモザで!
Read More…

春の三日月リース

「すごくかわいくてときめきました」
そんなご連絡を頂いたのは、昨日お届けした春の三日月リース。
Read More…

ワンポイント

ホワイトペッパーベリーのミニリース。
片手のひらサイズ。
ワンポイントに、ユーカリの実を入れておめかし。

ミモザのミニリース。
こちらも、ワインポイントにユーカリの実を。
Read More…

太陽のようなリース

昨日仕入れたミモザが、ふわふわもこもこ咲いていて、あまりに綺麗で、その魅力に捕らわれて、今年最初の、ミモザづくしの贅沢リースを作りました。

私自身、華やかな、ぱきっとした色合いよりも、落ち着いた雰囲気やグリーンベースが好きだったりしますが、なぜか、ミモザだけは特別。
ミモザの花の黄色は、なんだか惹かれます。
太陽のようなリース。
Read More…

白い実もののリース

昨日、お嫁に出した片手のひらサイズのミニリース。
年間通してお作りしているのは、ホワイトペッパーベリーのみのシンプルなタイプですが、時々、こうやって、他のものをちょこっと混ぜたリースをお作りしています。

白っぽい色合いの実もののみを集めたリース。
Read More…

実ものたっぷりしめ飾り

こちらは、通常、お作りしている縄の太さのしめ飾り。
「昨年、プレゼントしたらお母さんが気に入っていたから」、と、ご注文いただいて、お作りしました。
実ものたっぷりしめ飾り。
和洋折衷の雰囲気です。
Read More…

シンプルに潔く

いろいろなことがあった2018年。
その厄落としできるような、シンプルですっきりとしたしめ飾りを、とご注文をいただきました。

良い年になりますように。
そんな祈りを込めながら、藁を綯い、お作りさせていただきました。
Read More…

揺れ動く水引きとグリーン

縦の流れでお作りしたしめ飾り。
潔く白色だけの水引きとユーカリなどの葉、姫水木の枝で、軽やかに流れを作って。
たっぷりたっぷりの植物や実と共に仕上げました。
Read More…

1 / 2312345...1020...最後 »

ARCHIVE