イラストから想像を膨らませて

「好きなゲームキャラクターのお話が完結したのでその記念でお祝いの花を」、というご注文でお作りしたバスケットアレンジ。
ゲームに使われているイラストを送ってくださって、その雰囲気や世界観でのお花を、というご希望でした。
ひらひらとした一重の白のバラ、淡いピンクのころんとしたバラ、淡い紫のスカビオサ。。。
柔らかくふんわりとした、優しい色合いで。
Read More…

残されたご家族が元気になる花を

お世話になった方のご主人が亡くなったため、四十九日の頃にお悔やみのお花を、とご注文をいただきました。
若くてお亡くなりになられた方、仏花というよりも、残されたご家族が元気になるような花を、とご希望いただき、悲しみの中でも、少し、心が緩み、柔らかな気持ちになっていただける花であればいいな、と思いながら、お作りさせていただきました。

淡い淡いピンク色のダリアに、白とグリーンを合わせて。
Read More…

元気になる色

いつも、楽屋花のご注文をくださる方から、今回は、「いつもとは違うライブ。好きな色で、元気になる赤で」とご注文をいただきました。
ライブにお届けする鳥かごタイプの楽屋花。
大人っぽい雰囲気になるように、大輪のダリアと赤バラをメインに、赤い実のついた枝ものを鳥かごに絡ませて。
Read More…

オーケストラのような

長く音楽部の顧問をされていた先生とのお別れ会に、贈る花。
お母様を通してご注文をいただきました。
「母のような目線で見守り、サポートしてくださった先生へ。個性溢れるお花(生徒たち)が篭の中で寄せ集まったオーケストラ、中から曲が奏でられてくるようなイメージで。」
と、オーダーいただき、私にとっては太陽のようなイメージの花、向日葵を入れながら、いくつもの種類の花を少しずつ混ぜて、お作りさせていただきました。
Read More…

優しい雰囲気で供える花

ご友人のお母様の1周忌のお供え花としてご注文いただきました。
「いわゆる仏花という雰囲気ではなく、白を基調にやさしい雰囲気で」、というご希望で、数種類の白の花たちを組み合わせながら、お作りさせていただきました。
Read More…

かすみ草が大好きだった方へ

かすみ草が大好きだった方へ、四十九日に添えるお供えの花として、ご注文いただきました。
冬から春に移り変わっていく、そんな季節に、お誕生日の贈り物としてご注文いただいたかすみ草のリース。
そのリースをお届けしてから、月日はそんなに経っていませんが、急逝されたとご連絡が入り、私自身も驚きました。
かすみ草のリースを気に入ってくださっていたとのことで、今回、お供え花のお届けを。

お好きだったかすみ草をたっぷりたっぷり使ったアレンジ。
「義母はあげたお花をいつもドライフラワーにして飾ってくれていたので、今回もそのようにしたいなと思っております。」
というご希望で、そのまま自然とドライフラワーに変わりそうなお花を選んでいます。
Read More…

品良く柔らかく

「品の良い優しい感じ、穏やか、物腰の柔らかい方、やわかな色合いで」、とご注文いただいたアレンジ。
母の日の贈りものの、最後のご紹介です。

淡いピンクにオレンジ、柔らかなグリーン、そして小花。。。
器も木の柔らかい色合いを選んで。
結婚して、新しく母になった方への贈り物は、カーネーションをメインに、とのご希望で、お作りさせていただきました。
Read More…

ふわっと

「オレンジ系で、きゅっとコンパクトよりはふわっと」、とご注文いただいたアレンジ。
発送の場合は、配送料と配送箱の関係で、ふわっとできるサイズが限られてはいるのですが、箱のサイズを見ながらぎりぎりの大きさに。
母の日の贈りもの。
Read More…

花を詰めたトレジャーボックス

楽屋花として、お作りさせていただいたお花。
紫や青のグラデーションの色合いのお花が、トレジャーボックスに溢れんばかりに。
「優しめの紫ベースが良いなあ」と、送って下さった何枚もの画像を確認しながら、直前の花市場で選んだ花たち。
Read More…

鳥かごから飛び出す彼ら

楽屋花としてご注文いただいた、鳥かごのアレンジ。
「鳥籠(動画サイト)から飛び出て私達を魅了する彼等、鳥籠(4年前の横浜アリーナ)からスキルアップしさらに魅力的になった彼等をイメージした楽屋花にしたい」、とのご希望を頂きました。
メンバーカラー(赤、青、黄色、緑)4色のみ使用し、鳥かごから花が飛び出してくるような雰囲気で、元気よく、自由奔放、勢いのある感じでお作りさせていただきました。
Read More…

1 / 1112345...10...最後 »

ARCHIVE