【募集中】ワークショップ ~冬の自然散策と植物あそび(12/1)

冬の植物あそび。
山の中を散策して、実を拾ったり、面白い形の枝を拾ったり、みなで、きょろきょろ宝探しをして、その宝物で植物あそびをする会を開きます。
大人も子供も楽しめる会です。
Read More…

【随時受付】ワークショップ ~クリスマス飾り(リース/ガーランド)づくり(11/28)

2回目の出店となる、ママベビマルシェ。

毎月、小さなお子さま連れのお母さんも楽しめるイベントが、加古川のニッケパークタウン内で開催されています。
お買い物のついでに、ふらりとお立ち寄りくださいね!
ワークショップの間、スタッフがお子さまと一緒に遊んで待っていてくれるので、普段はなかなか自分の時間がとれない、小さなお子様がいるお母様も、集中してハンドメイドや体験を楽しめます。

le petit bonheur は、クリスマス飾りづくりワークショップを開催します。
Read More…

【募集中】ワークショップ ~針葉樹とコットンのクリスマススワッグづくり(11/26)

11月ワークショップのお知らせです。

クリスマス気分が高まってくるこの季節。
香りの良い針葉樹に、コットンや実ものを合わせた、冬のスワッグづくりをします。
(写真はイメージです。植物の組み合わせは、おまかせとなります。直前の花市場で出会う、素敵な子たちをお持ちします)
フレッシュな植物たちを束ね、おうちで飾りながら、少しずつドライフラワーへと変化していく様を、ほのかな香りと共にお楽しみいただけます。
Read More…

【随時受付】ワークショップ ~木の実と葉っぱの秋冬ガーランドづくり(10/26)

10/26(土)に出店を予定している、ムサシオープンデパート朝市
季節のリースやスワッグなどの販売も行いますが、随時受け付けで楽しんでいただける、「木の実と葉っぱの秋冬ガーランドづくり」ワークショップも開催します。

白化粧した松ぼっくり、シナモン、ツルウメモドキ、八角、バラの実、バクリ、コーンナッツ、ユーカリの実。。。
お持ちさせていただく、いろいろな種類の木の実などの中から、好きなものを選んで、つなげて作るガーランド。
組み合わせは自由自在です。

朝市は、心地よい外でのイベント。
美味しい食べ物や、素敵なモノに出会って、のんびり過ごす。
空を見上げて深呼吸をし、ふと、大地を見つめて、落ちている綺麗な葉っぱや実などを、宝探しのように探す。
そうやって、集めたものたちも一緒につなげて、今の季節を閉じ込めたようなガーランドを作ることもできますよ!
Read More…

【募集中】ワークショップ ~藁を綯って作るしめ飾りづくり(12/21)

12月ワークショップのお知らせです。
開催場所は、 le petit bonheur のアトリエからも近い、吉田工務店さん。
木造住宅を基本とした建築で、お客様の立場に立った『提案型の工務店』。
1F店舗「おうち日和」は、木の雰囲気に温かみがあり、外からの陽射しが心地よい空間。
この場所で、新しい年の神様を迎える準備を皆さんで一緒にします。

藁を綯って、しめ縄を作るところから始める、しめ飾りづくりワークショップ。
ここ数年、埼玉の木食草衣さんが大切に育てた無農薬の稲の藁を分けていただいています。
お好きな太さのしめ縄を作って、丸めるもよし、長く1本の縄の状態で飾り付けをするもよし。
自分らしい形を作り、縁起のよい赤い実や松などを添えて、歳神さまを迎えるしめ飾りに仕上げます。

松や実など、一部はフレッシュな植物を使用しますが、綺麗にドライへと変化するもののみを使用します。
(写真はイメージです。ワークショップ直前に、よいな、と思う植物を仕入れさせていただくため、花材はおまかせとなります)
Read More…

【募集中】レッスン ~森の香りのクリスマスリースづくり(11/29,30)

兵庫県・加古川市のアトリエで、11月のレッスンを開催します。
今年のクリスマスは、おうちに飾る手作りのクリスマスリースを作りませんか。

フレッシュな針葉樹をたっぷりと使ったリースは、深呼吸したくなるような、森の香りのリース。
作っている時から心地よくて癒やされます。

針葉樹は、長く綺麗なグリーンの色合いが残ります。
11月末に作って、お家に飾りながら、少しずつドライに変化する様を楽しみ、もちろん、クリスマス当日まで、ほのかな香りと共に楽しんでいただけます。
ずーっと綺麗なので、冬中飾る方が多い、冬のリース。
(直前の花市場でいいな、と思ったものを仕入れさせていただくため、写真はイメージです)
Read More…

【募集中】ワークショップ ~冬のオーナメントづくり(11/17,12/15)

兵庫県たつの市。
播磨の小京都、とも呼ばれる「たつの」は、揖保川沿いに栄えた城下町で、今も白壁の土蔵が残る情緒ある雰囲気の町です。
うすくち醤油発祥の地として、400年の歴史があると同時に、皮革のなめし技術が鎌倉時代から伝統産業として培われ、生産地として日本一の場所。
そんなたつのの町で、龍野ならではのうすくちしょうゆや革の文化体験をできる場所があります。
揖保川沿いに建つ趣ある和の一軒家で、革と花を一緒に楽しめるような、そんな革小物のワークショップを開催します。

11月も後半に入ってくると、少しずつ、クリスマスの準備を始めたくなってきますね。
11月、12月は、おうちで飾って楽しみたくなる、そんな、冬のオーナメントづくりをします。

たくさん種類のある革の中から、お好きな色、素材のものを選んでいただき、好きな形にカットして、3つのオーナメントを作ります。
革を縫ったり、カシメを打ったり、という体験も可能です。
(私自身はデザインとご提案を中心にさせていただきますが、もうひとり、革の扱いに詳しい方が同席されるので、ご安心くださいね)

今回は、木の実のオーナメントのお土産付きです。
クリスマスツリーなどに一緒に飾っても可愛いですよ!
Read More…

今後のレッスン/ワークショップ/イベント出店一覧

日常花・シンフォリカルポスとミシマサイコ

現在、日程が決まっているレッスン/ワークショップ情報です。
基本的に、募集開始は1ヶ月程前になることがほとんどです。
ご興味のある方は、ご確認くださいね。
Read More…

【終了】ワークショップ ~暮らしを紡ぐ手仕事の会 ~縫って染める布ナプキン(10/28)

暮らしを紡ぐ手仕事の会、はじめます。

夏にプレ開催した、チクチクトントンの会のような、井戸端会議のような手仕事の会。
子供がいるとかいないとか、どんな仕事をしてるとか、なーんにも関係なくて。
寄り集まって、季節や自然に寄り添いながら、手から何かを産み出していく会。
もちろん、教える、伝える、ということもするのですが、一番大切なのは、その場、そのもの。
そんな会が作れたら。

もう何年も何年も前から、そういう会を開きたいなあ、そんな場を作りたいなぁ、と、思い描いていたけれど、一気にぐぐっと背中を押される感覚があって、きっと、今が、その時なんだ、そう思うから、はじめてみます。
ゆったりと。

最初の回は、布ナプキン(生理普通の日用兼おりもの用ホルダー)を作る会。
(写真の左手前のものです。実際には、パットを挟むラインがついたタイプを作ります。)
肌に触れる布は、肌に優しい布で。
オーガニックコットンに、オーガニックの糸を使って、チクチク手縫いをします。
(チクチクは、夏の会と同じく、中川美穂さんが、教えて下さいます)

手縫いが終わったら、枇杷の葉で染めます。
皆で、葉っぱを洗ったり、刻んだり、煮たり。。。

古くから民間療法に使われてきていた枇杷の葉。
我が家でも、焼酎に漬けてチンキにして、化粧水のように使ったり、虫刺されなどの後につけたり。
体調の悪い時には、枇杷の葉を使ってこんにゃく湿布をしたり。
枇杷染めは、身体を温めたり、身体のいらないものを排出する作用もあると言われています。

染め終わったら、干して乾かしている間に、ご希望の方たちと軽いお昼ごはんを食べながら、おしゃべり時間。
おしゃべりしながら手を動かし、一緒に過ごす、そんな時間を大切にしたいなと思っています。
Read More…

【終了】レッスン ~秋のナチュラルリースづくり(10/18,19)

兵庫県・加古川市のアトリエで、10月のレッスンを開催します。
来月は、秋のナチュラルリースづくり。

色づく葉や実を一緒にあしらった、深まる秋のリースを作ります。
春に開催したリース作りとは異なり、蔓をくるくると自分自身で丸めてリースの土台にするところから始めます。
この作業、はまりますよ!
私はいつも、何個も作りたくなってしまいます。
Read More…

ARCHIVE