庭からの贈りもの

週末に、我が家の小さな小さなお庭の手入れを。
ほぼ手を入れず、好き勝手自由に植物たちが伸びていますが、今年たくさんみをつけたブラックベリーのお隣さんへ向かって伸びている枝や、ずっしり重い花を身につけたままだったカシワバアジサイの整理を。
長く伸びたブラックベリーの枝をカットしたら、このまま丸めてリースにしたいな、と、ふと。。。

紐もワイヤーも何も使わないナチュラルリース。
ぐるぐる丸めたブラックベリーの枝の間に、カシワバアジサイの枝も絡めて。
Read More…

自然のままに

ぶどうを活ける。
にょきにょきと勢い良くフェンスに絡まって成長し続けているぶどうを、枝ごといただいたので、葉と実を少し整理して、そのまま飾ってみました。
Read More…

日々の暮らし ~空き瓶と南天

日々の暮らしの花・トイレの南天

ジャムか何かの入っていた空き瓶に、南天を。

花を飾る、と気負う感じではなく、あっ、ここにちょっとあったら可愛いかも、という気軽な感じ。
Read More…

日々の暮らし ~花の模様と花

日常花・新年

年末に、1年頑張った自分ご褒美にお嫁にもらった花の模様の器は、おせちの取り皿として我が家でデビューしました。
花の模様の器に花を。

少し深さがあれば、お水を張って、花をちょっと片側に寄せると、バランスが良い感じ。
我が家には、いわるゆ花器があまりなく、「食べる」と「飾る」は同じものを使って。
Read More…

スズメウリとカラスウリ

すずめうりとからすうり

「スズメウリは、種を採って蒔けば、相性良ければ育ちます」、と教えていただいたので、さて、種を採ってみようかとからからになるまで乾燥させ中。
Read More…

基地

アトリエ・ドライフラワー

寒くなってくると、陽の光が弱まり、少し薄暗くはなってきますが、それだけではなく、ちょっと暗めに写真を撮りたくなってきます。
そんな季節。

部屋に吊られたいろいろなものたち。
なんでも自由にひっかけられる、和室の鴨居が大好きです。
Read More…

雪が降る

かすみ草・ドライ

出番待ち。
ドライフラワーにして、部屋に枝から吊り下げているかすみ草。
下から見上げると、「雪が降る」、そんな雰囲気の景色でした。
Read More…

2年前

珈琲とお菓子Ki展示風景

2年前の今頃、私は、「珈琲とお菓子き」さんで、展示をしていました。
珈琲色の木に、彩りはじめた樹々やグリーン、そして、リースを飾って。

この写真を撮ってくださったのは、大藪さん。
10/10まで、「き」で展示会を行っています。

私は、大藪さんの撮る写真が好きです。
ふとした日常の光景が、切り取られたその切り取り方によって、なんだかすごく特別なものに変わる。
そのはっとするような切り取り方に、写真を見ていつも新鮮な気持ちになります。
Read More…

秋のはじまりのお楽しみ

シンフォリカルポスの花

夏から秋へと季節が移り変わると、花市場でも、色づき始めた実ものたちが増えてきます。
秋の始まりのお楽しみ。
それは、実ものとして仕入れた植物に、たまに、実になるまえの花が咲いているものが混ざっていること。
「花」、としては花市場に出回らず、「実」しか見ないものも多くあるため、花を見つけた時は、驚きと共にとても嬉しくなります。

写真は、シンフォリカルポスの花。
とってもとっても小さくて、淡いピンクと白が混ざったような花。
Read More…

中秋の名月とすすき

すすき(中秋の名月)

昨日は、中秋の名月でしたね。
我が家も、すすきを1本、シンプルに飾りました。

花器は、もう何年も前に、陶芸を少し習っていたころに自分で作ったもの。
すっと飾る時は器の口の狭いものが楽ちん。
Read More…

1 / 812345...最後 »

ARCHIVE