今年の冬は何色ですか

リース・スワッグ一覧

写真は、昨年作ったリースやスワッグの一部。
こんな色合いがいいな、こんなサイズがいいな、この場所に飾りたいから合うものを、こういう雰囲気のものが好き、実ものをいっぱい入れて、グリーンのみでシンプルに、などなど。。。
想いを形にして、ああ嬉しいなあ、と飾って楽しんでいただけるものを、今年もオーダーメイドでお作りします。

そろそろ、クリスマスに向けて、どんなリースたちを自宅に飾るか、わくわく考え始めてみませんか。
お手伝いさせていただけるのが私もとても楽しみです。
Read More…

バランス

スワッグ(生花)ユーカリと針葉樹と実もの

ユーカリと秋の実ものと、ちらりと一緒に入れているのは針葉樹。
季節を束ねる。
少しずつ冬に近づくこの季節は、少し針葉樹も混ぜて。
もっと寒くなったら、もっと針葉樹の量を増やしたい気分。。。

ユーカリもよい香りですが、針葉樹もよい香り。
森の香り。
Read More…

同じ季節のお届けもの

スワッグ(生花)ユーカリと実もののスワッグ

ユーカリと、色づいた葉の紅葉ヒペリカム、赤が鮮やかな実とシックな紫の実を合わせたスワッグ。
今年も、ローズヒップが花市場に並ぶ季節がやってきました!
すこーし皺にはなりますが、綺麗な赤色のまま、ドライになります。
Read More…

いよいよ本日!ママンカ市場

スワッグ(生花)ユーカリと実もののスワッグ

いよいよ今日は、今月のママンカ市場です。
普段は店舗を持たず、オーダーメイドでの制作がメインのため、対面で、作ったものを販売する数少ない機会。

昨日の束ねたての植物たちをお持ちします。
ゆらりと長く垂れる実ものが可愛いスワッグや。。。

リース(生花)秋色紫陽花のリース

落ち着いた色合いが大人っぽい、秋色紫陽花のリース。。。

リース(生花)秋色紫陽花とユーカリのナチュラルリース

一部にボリュームを持たせてながらナチュラルに作ったリース。。。
Read More…

めぐる季節と共に

スワッグ(生花)ユーカリと実もののスワッグ

大ぶりなユーカリの葉に、大人っぽい落ち着いた色合いの実や草花を合わせた、秋のはじまりのスワッグ。

冬、春の始まり、そして、今回、と3回目のお届けでした。
リースやスワッグ。。。めぐる季節と共に、季節を飾る。

みずみずしい葉や実たちは、飾るうちに水分が抜け、ドライへと変化していきますが、それでもなお、植物たちは、その場の雰囲気をふわっと変える、そんな力を持っている。。。
ふと目に入るだけで、肩の力が抜けたり、癒されたり、笑みがこぼれたり。
Read More…

落ち着いた色合い

スワッグ(ドライ)ワイルドな雰囲気で

大人っぽい落ち着いた色合いの実ものに、バンクシャーを合わせ、かっこいい雰囲気に仕上げたスワッグ。
束ねている部分にラフにラフィアを巻き付けて。
Read More…

秋色スワッグ

スワッグ(生花)ユーカリと実もの

8月も明日で終わり。
夏も終わりが近づいていると思うと、なんだか突然、もっと味わいたかった!と惜しい気持ちに。
まだまだきっと、残暑は厳しいのでしょうが、少しずつ、部屋の中も秋に向けて模様替え。
布ものやインテリアなどを変えるような感覚で、部屋に飾るスワッグやリースを実が入ったものに変えるだけで、一気に雰囲気が変わります。
植物の力はすごいなあ、といつも思う。

季節やイベントを先取りすることが、世の中には多いように感じますが、その季節に、その季節ならのものを楽しみたいなあ、と個人的には思います。
Read More…

緩やかなライン

スワッグ(ドライ)サンキライと紫陽花

サンキライに紫陽花、ユーカリ、庭から摘んだシダをドライにしたものをざっくりと束ねてオブジェのように。
サンキライのゆるやかなライン、シダのカーブ、それぞれの動きに合わせて。
Read More…

葉の動き ~紫陽花とスモークツリーのスワッグ

スワッグ(生花)紫陽花とスモークツリーとユーカリ

先週末のワークショップに、お仕事でご参加できなかった方の元へ、お嫁に行ったスワッグ。
少し紫よりの、青い紫陽花とスモークツリー、瑠璃玉アザミ。
合わせている葉は、ワークショップの時同様、ユーカリ3種に銀葉グミ。
質感や色、形の違う葉の重なりが、動きと奥行きを出します。
Read More…

好きなものばかりを束ねて

スワッグ(生花)ピンクの紫陽花とスモークツリーとユーカリ

「紫陽花、スモークツリー、ユーカリ、実ものが大好きです」、とお問い合わせいただき、お作りさせていただいたスワッグ。
淡いピンクの紫陽花に、ペッパーベリーのピンクをちらりとのぞかせて。

オーダーメイドは、ご注文いただく方の好きなものばかりを集めれる!贅沢!
お友達への贈りものだけではなく、ご自宅用に、自分のお気に入りを飾る。
それだけで、じめじめした梅雨の日々も、なんだか楽しくなりそうですね。
Read More…

ARCHIVE