朱と煤 ~舞台のご出演祝い

アレンジ・生花・赤・黒

生花のアレンジ。
昨日から16日まで、吉祥寺シアターで公演される、「朱と煤 aka to kuro」という舞台へのご出演祝いのお花でした。

舞台の原作は、スタンダールの「赤と黒」。
舞台のイメージに合わせて、黒の器に赤のダリアを。
葉も、黒っぽい色合いに、ピンク色のラインが入ったものを使用しています。
Read More…

陽当たりの良い部屋

アート・アレンジ・ピンク・紫

陽当たりの良い部屋に飾りたい、というご希望で、アートフラワーを使用してお作りしたアレンジ。
プリザーブドフラワーは、直射日光などに当たると、色褪せが早かったりするので、今回は、ご相談の上、アートでの制作となりました。

地味になりすぎず、ぱっと明るい気持ちになれる色合いで。
でも、派手ではなく。

アート・アレンジ・ピンク・紫
Read More…

ペッパーベリーのリース

リース・ドライ・ペッパーベリー

ドライのペッパーベリーのリース。
来週11/17に、下北沢のfogさんの2Fで予定している、ワークショップで作る予定のリースです。
告知の際には、ユーカリのグリーンの葉を1枚、ポイントにつけたリースの写真を紹介しましたが、秋冬らしく、色のついた葉っぱで仕上げると、こんな感じになります。
またちょっと違った雰囲気。
葉っぱのサイズも色も、ワークショップ当日、自由にお選びいただけます。
もう数名、お席がありますので、気になるなあ、という方は、ご連絡くださいね!
Read More…

命日に贈る花

花束

命日に贈る花束として、ご注文を頂きました。
仏壇用ですが、亡くなって7年なので、華やかな雰囲気で、とご希望をいただき、淡いピンク色の色合いでお作りさせていただきました。
少しずつ、寒い日が増えてきましたが、それでも、心にはぽっと温かい空気をお届けできるように。
Read More…

秋から冬のころころボール

アレンジ・生花・ペッパーベリーボール

紫陽花の時期に、ゆらゆらとぶら下げて飾る紫陽花ボールを作ったので、秋には秋のボールを作りたいな、と思い、秋の展示の際に準備したもののひとつがこれ。
ドライのピンクペッパーを使用した、ペッパーベリーボール。

そして、もうひとつが、木の実のボール。

生花・アレンジ・木の実のボール

両手の中にすっぽりおさまり、そっと手で包みたくなるサイズの子たち。
Read More…

クリスマスギフトセットのご案内

クリスマスギフトセット

クリスマスギフトセットのご案内です。
ふわもこのコットンリースと、クリスマスを待ちながらアドベントの間、少しずつスライスして食べるシュトーレンの、クリスマスギフトセット。
クリスマスを楽しむための少し早めの贈りものや、ご自宅用に。
限定20個の予約販売となります。
Read More…

形にするということ ~紫陽花のリングピロー

RP/リングピロー・ガラスの器・レース・紫陽花

プリザーブドフラワーの紫陽花のリングピロー。
こちらは、ガラスの器に、白い小花、そして、レースのリボンを合わせています。

最初のお問い合わせでは、白っぽい紫陽花に、レースかピンクのリボンをご希望でしたが、画像添付で色のバランスなどを何度かご確認頂き、淡いグリーンにレースのリボンの組み合わせでお作りすることになりました。
Read More…

清楚に可愛らしく ~カップアレンジ

AP/アレンジ・プリザーブドフラワー・カップ・白・ピンク

入籍のお祝いに、とご注文を頂いた、プリザーブドフラワーのアレンジ。

白の器をご希望だったので、いくつか写真添付でご提案させていただき、こちらのカップアレンジをお作りいたしました。
清楚で可愛らしい雰囲気で、とお伺いしていたため、柔らかなピンク色のくしゅくしゅっとしたバラをメインに、ひらひらとした花弁の白のスカビオサや、淡い色のグリーンを入れて。
ブライダルピンク、と名付けられたピンク色たち。
入籍祝にぴったり!?
Read More…

新しい生命 その2

カップアレンジ

少し前にご紹介した、プリザーブドフラワーのグラスアレンジ
縁が欠けてしまったグラスへ新しい生命を吹き込む、そういうアレンジでしたが、同じ方から数年前にも、同じようにご依頼を受けてお作りしたアレンジがこちら。

コーヒーカップの絵と雰囲気がつながるように、ミックスカラーでナチュラルに仕上げました。
どこかにコーヒー色を効かせて、というご希望だったため、茶色の実ものを入れて。
Read More…

新しい生命

AP/アレンジ・プリザーブドフラワー・グラス・ミックスカラー

プリザーブドフラワーのグラスアレンジ。

大切に使っていたグラスの縁が欠けてしまいました。
このグラスを使って、お花をアレンジしてもらえませんか?

という、オーダーでした。
グラスに新しい生命を吹き込む。
Read More…

ARCHIVE