生命あるものの変化 ~店舗へのメンテナンス

志村和晃展花活け

先週、駒場東大前のうつわ屋さん「PARTY」にて花の活け込みをしましたが、昨日、メンテナンスに行ってきました。
活け込みをしたメインの花器が売れ、ひと回りサイズの小さな花器に活け直し。
色のポイントには、ダリアの代わりに、野ばらの実を飾ってきました。
また少し、雰囲気が変わりました。
先週から飾っているチョコレートコスモスも昨日1日の生命かな。
生命あるものは、刻々と姿を変えます。

たくさんの器がお嫁に行き、随分と数が減っていてびっくり!
でも、まだまだいろんなお皿がありましたよ~。

花材:フジバカマ/テマリソウ/バラの実(センセーショナルファンタジー)/マトリカリア(バーゴ)/クレマチスシード/チョコレートコスモス

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ARCHIVE