光とガラス ~店舗への花活け

駒場東大前のうつわPARTYさんの「夏の酒器展」。
可憐で可愛らしいけれど、長く持たすのは難しかった白いクレマチスの花の代わりに、ドウダンツツジを活けました。
クレマチスは、葉が黄色くなったので差し替えましたが、元気そうな蕾だけ、間にちょこっと残しています。
咲くかな、咲くとちょっと可愛いよな、という想いを込めて。

外は暑いですが、光の入る店内で、ガラスの器たちがきらきら輝いている気がする。

影の美しい器たちも。

初日の活け込みで、私が素敵だなあ、と眺めていた器が、お嫁にいっていなくなっていました。
同じように素敵だなあ、と感じる方がいらっしゃったんだなあ、と思うと、なんだかそれだけでちょっと嬉しくなります。


夏の酒器展
7月22日(土)~7月29日(土)
11:00am~7:00pm(最終日5:00pmまで)会期中無休


花材:ドウダンツツジ/クレマチス(ホワイトジュエル/修羅の君)/ブラックベリー

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ARCHIVE