墨象の世界

DSC_15561

墨象家・知麻さんの展示。

見に行ってきました。
いくつもある展示の中で、一番のお気に入りがこれ。
小さな丸。その集まり。墨で描く丸の滲み。その滲みが生む色のグラデーション。
全体は、何か、広がりと希望を私自身は感じました。

書と習字、墨象とは、炭のこと、などなど、いろいろとお話も聞かせて頂いて、とても楽しい時を過ごしました。
自分の知らなかった世界のことを知っていくのは、とても面白い。

マスミ東京にて、10/10(水)まで展示されています。
知麻書「扉」とびら 既成概念の向こう側-

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ARCHIVE